ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

漫画-ハイキュー!!

📚21-77ハイキュー!!/45巻(終)★★'41m.

終わった。最後は日向影山コンビですーっとなった。

📚21-76ハイキュー!!/44巻★★'36m.

カウントダウン1。あと1巻でこの物語も終結。少し切ない。

📚21-75ハイキュー!!/43巻★★'40m.

久しぶりに更新したハイキュー!!。高熱で離脱した高校バレーから急にリオに行っちゃったときはどうなるんだろうって思ったけど、日本に復帰してプロバレーは皆のその後が描かれていて嬉しい。これを素直に楽しめたのは、45巻で終わる事を知っているからかも。

📚20-156ハイキュー!!/42巻★

唐突な新章。 20分。 感想 あらすじ 感想 長い長い鴎台戦が終わったけど、話飛びすぎ。 あらすじ 熱を出した翔陽。途中リタイアで、烏野は鴎台に敗退。その後数年が経ち、影山はプロに、翔陽はブラジルのリオで、ビーチバレーを通して2年間修業に励んでいた。

📚20-110ハイキュー!!/41巻

熱。 感想 あらすじ 評価 感想 小さな巨人対決の最終セット。読み応えあるなー。バレーボールで小さい選手がリベロ以外で活躍するって夢があるよな。 あらすじ 前巻。 datu3daybouzu.hatenablog.com 小さな巨人対決の最終セット。順調に点を重ねていく両チー…

📚20-29ハイキュー!!/40巻

評価 あらすじ 感想 評価 ★★(→) あらすじ 小さな巨人対決は2セット目。前巻どんな終わり方だったかは忘れたけど、白熱してる事は覚えてる。 前半の方で「不動の昼神」誕生秘話。辞めたいなら辞めればいい。中学時代に2軍だった星海の言葉に励まされたという…

📚19-293ハイキュー!!/39巻

不平等で平等な世界。 評価 あらすじ 感想 評価 ☆☆(↓) あらすじ 鴨台星海と烏野日向が躍動する小さな巨人対決。鴨台は稲荷崎みたいな強力さは感じられないものの、サーブもブロックも隙がない。烏野の元小さな大エースの分析。 世界は平等じゃなくて 平等だ …

📚19-16ハイキュー!!/38巻

バレーボールは団体競技。 あらすじ 梟谷学園VS狢坂高校戦戦。梟谷エースの木兎は、「皆のおかげのエース」脱却を宣言。磨きがかかったスパイクとサーブを誰も止める事は出来ず、そのままの勢いで梟谷が勝利。 そしていよいよ烏野高校対鴎台高校の小さな巨人…

📚19-16ハイキュー!!/37巻

バレーに出会えてよかった。 あらすじと感想 烏野と音駒のゴミ捨て場の決戦は最終セットも終盤。いつのまにかセリフが消え、応援が消え、流れるように試合が進み、デュースになる事なく烏野勝利で幕を閉じた。 この試合の見どころは、なんといっても音駒セッ…

📚19-16ハイキュー!!/36巻

バレーボールは楽しい。 あらすじ 鳥籠から放たれた日向を筆頭に、息を吹き返した烏野高校は2セット目を取る。 そして、ごほうびタイムの最終セットが始まる。 感想 ハイキュー!!は試合だけのシーンが少ないけど、この巻は特別でバレーボールは楽しいんだぞ…

📚19-16ハイキュー!!/35巻

鳥籠からの脱出。 あらすじ 2セット目に入っても、音駒の日向を抑える守りに苦しい戦いを強いられる烏野。自由に飛べないコートで日向は、孤爪の作り出した鳥籠に閉ざされてしまった。 勢いを封じられたまま、第2セットも20点を超え終盤を迎える。 そんな中…

📚19-16ハイキュー!!/34巻

したたかに攻める。 あらすじ ついに始まった音駒高校との第1ゲーム。圧倒的エースとか天才サーバーがいた今までの対戦相手とは、違い良く言えば守り、悪く言えば地味な音駒。 試合前は烏野優勢だと思われてたけど、いつのまにか第1セットを落とした烏野。じ…

📚19-16ハイキュー!!/33巻

決着。 あらすじ 30点を超えた最終ゲーム。もつにもつれた試合の勝者は烏野。まぁ予想通り。 小さな巨人日向は、ルフィがギア2ndを習得するが如く、バレーボールに1段階深くハマる。 激戦の翌日、「ゴミ捨て場の決戦」が念願の全国大会で実現する。 評価 ☆☆(…

📚19-16ハイキュー!!/32巻

天才VS天才。 あらすじ 田中。日向。影山。東峰。それぞれがそれぞれに覚醒する。 感想 歴代最多の試合時間。複数巻にまたがっても飽きない。その都度面白い。フルセットのデュースを迎え試合も最終局面。2点取れば勝ち。これがなかなか決まらない。 評価 ☆☆…

📚19-16ハイキュー!!/31巻

こわさの先へ。 あらすじ インターハイ準優勝の強豪、京都代表稲荷崎高校戦。全日本ユースの強化合宿に選ばれた宮侑は、セッターだけじゃなくサーバーとしても極めて有能。調子のいいジャンフロでサービスエースを連発する。そんな宮侑はサーブの狙いを、烏…

📚19-16ハイキュー!!/30巻

鬼メンタル田中。 あらすじ 神メンタル田中がイマイチ乗れない。得点に繋がらない。スパイクが決まらない。普通ならへこたれそうな局面も、まだ声を上げる。自分にボールをくれと声を上げる。 それでも自分にボールが上がらないときの絶望感。そんなものにへ…

📚19-16ハイキュー!!/29巻

ナイスキー。 あらすじ 激アツな2回戦。経験値で劣っている烏野は飛び道具を駆使して互角に戦う。 感想 ハイキュー!!読んでると頻繁に出てくる「ナイスキー!」。前々から意味が気になってて、ついに調べてみた。 ナイスキーとは、「nice kill」と表示します…

📚19-16ハイキュー!!/28巻

VS強豪。 あらすじ 天井サーブに驚きつつも、初戦を手堅く勝利した烏野。落ちた強豪飛べない烏は、もはや本大会のダークホース的存在。お互い3回戦まで勝ち進めば、因縁の相手、音駒高校との対戦も控える。 だけど目の前に反り立つ壁が。本大会第二シードの…

📚19-16ハイキュー!!/27巻

1回戦。 あらすじ 全国大会1回戦。5年ぶり9回目の出場烏野高校。対するは2年連続2回目の神奈川第二代表椿原学園。これを聞いて思ったのは烏野普通に強くない?ここに来てやっと落ちた強豪の意味が分かった。 全国大会1回戦。対戦相手はモブキャラに毛が生え…

📚19-16ハイキュー!!/26巻

春高バレー全国大会開幕。 あらすじ 伊達工業との練習試合で、真・コートの王様として覚醒した影山。新年を迎え、いよいよ春高バレーの全国大会が始まる。 感想 地味にマネージャーの過去も知れた。 評価 ☆☆(↓)

📚19-16ハイキュー!!/25巻

脱おりこうさん。 あらすじ 日本ユース合宿から戻ってきた影山。それと宮城有力1年合宿から戻ってきた月島と日向。フルメンバーになった烏野は伊達工業と練習試合を行う。結果は呆気なく敗北。だがしかし、所詮練習試合。結果は二の次。試合内容はかなりいい…

📚19-16ハイキュー!!/24巻

球拾いを極める。 あらすじ 猫蛇戦の3位決定戦を制し、全国大会出場を決めた音駒。まぁ、予想通り。 予想外だったのは、烏野セッター影山に、日本ユース合宿の招集がかかったこと。そして、月島に宮城県の有力1年合宿に招集がかかったこと。どっちにも招集が…

📚19-16ハイキュー!!/23巻

猫と蛇。 あらすじ 音駒対梟谷。東京予選準決勝を制したのは梟谷。気をとり直して挑むは3位決定戦。東京都が3位まで全国大会行けるのは、チーム数が多いからだと思ってたけど、実際は上位2校に開催地枠を加えて3校だった。 後がない3位決定戦。対戦相手は戸…

📚19-16ハイキュー‼︎/22巻

東京予選。 あらすじ 激闘の末、白鳥沢高校を破り春高バレー全国大会出場を決めた烏野。お疲れさんと言う事で、いったん休憩。 時同じくして場所は東京。 烏野と因縁のライバル音駒。東京予選ベスト4まで残っていた。東京は出場チーム数が多いこともあり、上…

📚19-16ハイキュー‼︎/21巻

牛島若利。 あらすじ 春高バレー宮城予選決勝。VS白鳥沢高校の試合は、フルセットも中盤。フルセットはフルセットでも3セット先取のフルセットだから5ゲーム目。日本ユース代表にも選出されてる白鳥沢の絶対的エース、牛島若利。何十回にも渡るスパイクで、…

📚19-16ハイキュー!!/20巻

第5セット。 あらすじ 第4セットを取って、フルセットに持ち込んだ烏野。第5セットは15点先取で、8点でコートチェンジとの事。勉強になる。 菅原セッターで始まった第5セット。地道に支えてきた月島が手を負傷し離脱。月島離脱の痛手を負った烏野も、耐え凌…

📚19-16ハイキュー!!/19巻

月島の巻。 あらすじ いつのまにか白鳥沢に取られてた第3セット。でも最終セットじゃない。決勝は3セット先取の5セットマッチ。 という事で臨んでいる第4セット。烏野みんな頑張ってるけど、月島の輝きが止まらない。 評価 ☆☆☆(→) 感想 バレーにはまった月島…

📚19-16ハイキュー!!/18巻

白熱の2セット目。 あらすじ 白鳥沢に王者の貫禄を見せつけられた第1セットも、2セット目に入り、リベロ西谷を始め徐々に緊張から解放されていく烏野。白熱の戦いの中で、拮抗したデュースが続く。 評価 ☆☆☆(→) 感想 地味に輝く月島。

📚19-16ハイキュー!!/17巻

才能とセンス。 あらすじ フルセットの末、青葉城西との激闘を制した烏野。勝利に浸る暇もなく、春高決勝戦を迎えようとしていた。対戦相手は宮城No. 1牛島率いる白鳥沢高校。宮城県大会決勝が始まる。 評価 ☆☆☆(→) 感想 遂に宮城王者と対決する日向と影山。…

📚19-16ハイキュー‼︎/16巻

ピンチサーバー。 あらすじ 青葉城西戦2セット目。点差が開いてきた中盤。今大会いいところの全くないピンチサーバー山口が覚醒する。 評価 ☆☆☆(→) 感想 熱い戦い。