ツタヤな日々

ツタヤな日々2

基本インドア、たまにアウトドア。

漫画-かぐや様は告らせたい

📚20-238かぐや様は告らせたい/18巻★★★+

感想 率直に言って最高。18巻にして初の早坂巻。特に早坂愛のモーニングルーティン。現代に即した内容なのは相変わらずだけど感心せざるを得ない。そして修学旅行前。修学旅行をもってかぐやの世話人を辞める事を話す。そして早坂の動向を気にする怪しげなか…

📚20-237かぐや様は告らせたい/17巻★★★

43m. 感想 なんだかんだで今1番面白い漫画かもしれない。かぐや様は告らせたい。かぐやが告ってから始まるニューゲーム第1巻も相変わらず面白い。 気まずい相手とのコミュニケーションの取り方とか、心理学的な内容なのも嬉しい。 藤原に対する石上のツッコ…

📚20-227かぐや様は告らせたい/16巻★★

37m. 感想 つまらなくはないし、面白くない訳でもないんだけど、なんというか唆られない。これはあれか、自分が恋愛経験ないから登場人物たちに感情移入できないのか。確かに早坂の気持ちが1番分かる気がする。 1巻かけてのクリスマスイヴ。21時から3時はSEX…

📚20-207かぐや様は告らせたい/15巻★★

39m. 感想とか 恋の病で倒れた白銀の自室がすごい。実写化でも再現されてるのか気になるところ。寝たら殺すとか、満点意外無価値とかすごい。連日の睡眠不足もうなずける勉強量。自分には到底太刀打ちできない。 そんな白銀は大好きなかぐやに、本当の自分を…

📚20-206かぐや様は告らせたい/14巻★★

感想とか 相変わらずの大ボリューム。久々に読んで入っていけるか心配だったけど、問題なく入り浸れた。これもツタヤで前巻流し読みしたおかげだな。本当はこのブログを読めば思い出せるようにしておきたいところ。だってそのために書いてるようなもんだし。…

📚19-9かぐや様は告らせたい/13巻

成長過程。 何だかんだで13巻。恋愛学園物でありながら裏主人公、裏ヒロインの成長物語でもある本作は、ヒロインが王子様と恋に落ちて終わりじゃない深みのある作品だなぁと、ここまで読んで感じた。 1冊あたりの分量は多いけど、13巻まで、つまらないと感じ…

📚19-9かぐや様は告らせたい/12巻

行動力。 少し前に、漫画「キングダム」を自己啓発本に見立てた表紙が話題になったけど、この漫画から学ぶ事も多い。 絶対に泣けるONE PIECEの回顧シーンみたく、12巻目にしてかぐやと白銀の出会い編がスタート。 学年1位の白銀が補欠合格だった事実に勇気を…

📚19-9かぐや様は告らせたい/11巻

アニオタの定義。 この本はサザエさん方式じゃない。だから現実より緩やかでも時間が経過していく。 超金持ちが通う学園「秀知院学園」。将来の進路が社長かニートなんて何て羨ましい二択なのか。 もうすぐ買い始めて1年になるミニロトは一回も当たらないし。…

📚19-9かぐや様は告らせたい/10巻

スマホデビュー。 この令和の時代、ガラケー使ってる人の方が少数派だと思う。 今やスマホは携帯電話というより、携帯パソコンである。それに高機能のカメラ、懐中電灯や時計、電卓がついてる優れもの。 スマホにはたくさんのアプリがあって、中でもLINEは説…

📚19-9かぐや様は告らせたい/9巻

裏主人公。 裏主人公、裏ヒロインという設定が斬新で面白い。 ☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/8巻

ウミガメのスープ。 この漫画は女性向けジャンルではないと思う。 ラブコメ×心理戦。結構面白いかも。 ☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/7巻

生徒会選挙。 選挙戦がアツい。 ☆☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/6巻

1年目完結。 ここで終わりも全然あり。だけどこれから先もまだあるっぽい。1巻あたりのページ数が多く、量は多いものの文字は大きく余白もあるので目に優しい。 ☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/5巻

恋愛×心理戦。 ラブコメチックではあるものの、何だかんだ頭脳戦は続いていく。 ☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/4巻

神経衰弱とか。 駆け引きが長い。つまらなくはないが、続きが気になるほど面白い訳でもない。 有吉ゼミの坂上忍家買うシリーズみたいな感じ。 ☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/3巻

決闘というより駆け引き。 試験あるあるネタが面白かった。 ☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/2巻

モンスター童貞。 NGワードバトルが面白い。間接キスにドギマギしたり。初体験についてのくだりだったり。 箱入り娘をブラックボックスと読んでみたり。 面白い。 ☆☆

📚19-9かぐや様は告らせたい/1巻

恋愛バトル。 高校生の頃は静かに密かに片思いの日々だった。社会人になった今でもそうかも。言うなれば山崎ナオコーラ著「ボーイミーツガールの極端なもの」に収録されている「処女のおばあさん」的な。 「処女のおばあさん」にある柔らかいイメージは「25…